おかぞ~からのご報告

Hyper-V

2009/06/04

御鏡の開発では環境依存の問題に出くわす事も多かったのですが、そのたびに仮想化環境のお世話になっていました。今ウチには4台のPC(サーバ含む)があるのですが、それぞれ何らかの仮想化環境が入っていて、最大で約20台分のOSが稼働します。(少し前はもっと多かったのですが・・・)

その中でも最近お気に入りなのが、MS謹製のHyper-Vです。Windows 2008 Serverに付属しているこの仮想環境はOSさえ購入すれば後は無料で使用出来ます。MS製の為か、Windowsをゲストにした時のパフォーマンスはなかなか秀逸で、CPU負荷率も高くありません。また、マネージャの判り易さ、使いやすさが絶品です。実績があまり無いので、敬遠している方が多いと聞きますが、MSが力を入れて開発をしているのは確かですので、絶対にシェアも伸びてきます。今の内に習得しておく事をお勧めします。

使っていて難を感じる点が一点。リモートデスクトップ越しにマネージャを開き、そこからゲストの画面を触ろうとするとマウスのキャプチャが出来ない点です。この為、新規のゲストをインストールする際にはリモートデスクトップ経由では出来ません(不可能ではないですが、マウスは使えません)。モニタを繋がずにサーバを使っている方は少々不便です。と言っても、全然致命的ではないですね。

ソフトウェアの検証環境は昔に比べれば段違いに構築しやすくなりました。仮想化ソフトウェアを使えば、マシンの物理的な台数に関わらずに多数の環境を用意出来ます。もちろんライセンスは必要ですが、MSDN等に入れば必要な環境はほぼ網羅できます(MS環境の話ですが)。

せっかく使える技術です。うまく使って検証環境を作りましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿





Copyright(C) 2002-2009 Okazoh, All rights reserved.